🏃‍♂️レビュー

auじぶん銀行の住宅ローンを組んだ決め手やおすすめのポイントなどご紹介!

どうも金太郎飴マンです!

 

以前に書いた転職して1年目のサラリーマンが戸建住宅を購入することになった決め手は何だったのか??の記事の続きです。

 

今回は住宅ローン編です。

 

まずは先に自分が契約した住宅ローンの内容をご紹介します。

 

契約した住宅ローン

契約した住宅ローン

  • 金融機関名:auじぶん銀行
  • 金額:4,000万円台 ※自己資金なし(フルローン
  • 期間:35年
  • 資金使途:土地建物(新築建売購入)
  • 借入形態:単独債務(夫)+連帯保証(収入合算(妻))
  • 年収:700~800万円
  • 金利:0.289%(変動金利) ※9月新規適用金利(0.290%)-0.01%
  • 団信:死亡(通常団信)+がん診断50%保障+4疾病保障(急性心筋梗塞、脳卒中、肝疾患、腎疾患)+全疾病長期入院保障(精神障害除く) ※上乗せ金利なし
  • 勤続年数:1年
  • 審査期間:10営業日 ※仮審査(2営業日)+本審査(8営業日)

どのようにしてこの金融機関に決定したのかを順を追って書いていきます。

 

どんな条件(希望)があったのか

住宅ローンを組むうえでの条件はこちらです。

 

 

自分が元地方銀行員ということもあり、地方銀行の大体の金利や手続きの面倒さを実感していたので「ネット銀行」をメインに金融機関を選びました。

 

>おすすめの住宅ローンがすぐわかる!モゲチェック

どの金融機関の候補があったのか

では先程挙げた条件を中心にどの金融機関の候補があったのかをご紹介します。

基本的にはネット銀行です。

auじぶん銀行

最終的に自分が決めた金融機関です。

条件はすべて満たしておりました。

ただ、スマホなどもauをあまり使用したことがなく、これまでauと関りがなかったのもありちょっと不安でした。(auユーザーなら分かりますが…)

 

PayPay銀行

皆さんPayPayは良く支払いで使用していると思います。

馴染みもありましたし金利も低く希望度は高かったのですが、変動金利の「5年ルール」・「125%ルール」がありませんでした。

 

新生銀行

正直こちらが第一希望の銀行でした。

なぜかというと、既に口座を持っておりましたし、なにより金利が一番低かったからです。

 

2023年9月時点で0.290%でした。

 

住信SBIネット銀行

こちらも条件合致しており金利も2番目に低かったです。

ただあまりなじみもありませんでした。

 

三菱UFJ銀行

当時(2023年9月)調べたところメガバンクの中では一番金利が低かったです。

口座も持っておりませんでした。

 

地元の地方銀行

これはあくまで滑り止めでした。

 

ネット銀行は仮審査は通っても、本審査で否決や減額されるケースもあります。

 

一方、地方銀行は仮審査で通るとよっぽどのことが無い限り本審査で否決や減額になることはありません。

 

地方銀行の方がネット銀行よりも仮審査からがっつり審査をしますので時間は相応にかかりますが、仮審査に通ると住宅ローンを組めないというリスクは下がります。

 



なぜauじぶん銀行にしたのか

これはもう「金利」が決め手でした。

 

実はauじぶん銀行は本審査の審査中に電話が来て、審査の進捗状況と他に検討している金融機関があるのかの確認がありました。

※他のネット銀行も大体そうです。

 

その中で、新生銀行(一番低い金利の金融機関)と迷ってますと言ったところ、金利引き下げ交渉が始まりました。

当時のやり取りはこちら↓

 

という感じで最終的には一番金利が低くなったので、auじぶん銀行に決めました。

ちなみにauじぶん銀行はauユーザー向けに住宅ローン金利優遇割がありますが、それは適用していません。

 

自分は住宅ローンだけauじぶん銀行なだけで、それ以外はauユーザーではありません。

(スマホも格安SIMです)

 

その他参考までに各金融機関の審査状況はこんな感じでした。

 

>住宅ローンの比較はモゲチェック

資金決済当日の流れ

こちらはネット銀行はどこも同じかもしれませんが、住宅ローン資金決済時の流れをご紹介します。

 

借入日前にauじぶん銀行指定の司法書士(抵当権設定登記担当)と面談をしておく必要があります。

 

そのうえで、決済場所に仲介業者・ハウスメーカー・司法書士(仲介業者指定:所有権保存・移転登記担当)が集まりました。

 

そして諸々と契約書類を記入し終わったところで、仲介業者指定の司法書士がauじぶん銀行側の司法書士に登記関係に関する書類が整ったことを電話連絡し、auじぶん銀行側の司法書士がauじぶん銀行に連絡し住宅ローンが実行(入金)されました。

 

電話で連絡してから口座に入金されるまでの時間は10分くらいでした。

 

決済場所に集合してから解散するまでが約30分とかなり短くあっさり終わりました。

 

そのときに改めてネット銀行で良かったなと思いました。

 

auじぶん銀行の決済当日の詳しい流れはこちらを確認ください。

 

>おすすめの住宅ローンがすぐわかる!モゲチェック

最後に

ということで、僕はauじぶん銀行で住宅ローンを契約しました。

 

振り返って感じることは、どうしてもauじぶん銀行だったのかというとそうではないです。

 

結局は、条件希望)に合致しその当時金利が低い金融機関を選ぶだけだったと思います。

 

それが結果的にauじぶん銀行だっただけです。

 

皆さんも下記のような条件(希望)がある人は、この記事の内容を参考にしてもらえると嬉しいです。

 

>住宅ローンの比較はモゲチェック

 

(おまけ)金利のはなし

話はすこしそれますが、

 

「給料が上がらないと金利は上がらない(上げれない)」と銀行員時代によく言われてました。

 

そんな中、最近ではこんな記事も出ています。

日銀が緩和政策を再修正。「変動金利」の住宅ローンはこの先どうなる?(ヤフーニュース)

 

いよいよ住宅ローンの変動金利も上昇していくのではないかという予想があります。

 

個人的にも時期は不明ですが長期的に見て、金利は上昇傾向にあると思います。

 

なぜかというと、2024年の賃上げ見通しも出ていますが賃上げ率は少しずつ上昇しているからです。

ただ、上昇要因が物価高や人手不足などではありますので、前向きな賃上げができているかというとそうではないと思いますが。

 

住宅ローンの支払いは「元利均等返済」が一般的かと思います。

 

元利均等返済の場合、住宅ローン契約当初は毎月の返済額に占める利息負担が高くなります。(支払い年数が経過するごとに徐々に元金支払いの割合が高くなります。)

 

ですので、住宅ローン契約当初は金利をいかに低く抑えるかが重要かと思います。

 

ということで自分の場合は変動金利一択でした。

 

こちらの記事参考にしてみてください。

住宅ローンの支払総額を抑えるには“返済前半の金利”が重要 「最初の10年間で約半分の金利払い」(マネーポストWEB)

 

 

将来的な金利上昇不安に備え「固定金利」を選択するか、今の金利が低い「変動金利」を選ぶか色々と議論はありますが、自分なりに情報を集めたうえで最終的にはご判断いただければと思います。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました!


金太郎飴マン

30代前半で地方銀行→IT企業に転職成功

「『仕事=我慢』から抜け出して楽しく自分らしく生きる!」をテーマにそのきっかけ・ヒントとなる情報を提供していくブログです。その他にも自分の経験・体験・感じたことなど様々な情報を幅広く提供しています。

現在進行形で自分自身も仕事=我慢から抜け出すべく、様々なチャレンジをしています。

その内容も含め各種発信していますので少しでもどなたかのお役に立てれば嬉しいです。

【※転職しても日々悩みは尽きません。まだまだ幸福度・自己肯定感が低いので今後も様々なことにチャレンジしながら、有益な情報を皆様に提供しつつ自分自身も進化していきたいと思います】
ラジオはこちら
Xはこちら

みんなが読んでる人気記事

1

  これから地方銀行に入りたいと考えている方、地方銀行に勤めている方(特に自分が出世できるか見極めている方)必見です!   地方銀行での出世コース、出世するタイプ、出世する方法など ...

2

最近は猛暑でとにかく暑くて大変ですね。 どうも、金太郎飴マンです。   突然ですが、 皆さんはチームに馴染めていないとき、はまっていないときどのように行動し改善していますか?   ...

3

  「仕事って辛くて我慢するのが当たり前?」 「仕事は楽しいわけない?」 「仕事で良好な人間関係なんて作れるの?どうせ上辺だけでしょ?」 「充実感を持って仕事している人なんているの?」 &n ...

4

  どうも、金太郎飴マンです! 前回は最終面接時のお話しを書きました。   最終面接には合格したものの、 まだ「面接」があるとのこと。   それを終えないと内定にはならな ...

-🏃‍♂️レビュー